漢方博覧図絵
  
漢方博覧図絵

     ENGLISH   









 

     
 巻頭の御挨拶

 日本国内で初めて博覧会が開かれたのは明治四年の創立博覧会が最初で、その後京都博覧会や東京の湯島聖堂内の文部省博物館等各地で珍品、奇物産を集めた珍品展覧会が開かれました。

今回の「漢方博覧図絵」のHPの開設の趣旨は珍品の展示でなくて、いままでの日本固有の医薬学の歴史を視覚を通じて、一般の方の観覧に供して、我が国固有の漢方医薬学の振興及びその普及に必要な知識の習得と次世代への技術の伝搬と民族遺産である日本医薬学の誇りの再認識のためであります。

美しい日本の四季と医薬学の関わり、生老病死の人生の節目での民族医療の知恵など学ばれることも多いかと存じます。漢方紀行として本HPをお楽しみください。

 なお、国指定登録文化財の片桐棲龍堂漢方資料館と片桐邸は
非公開でございますので宜しくお願いいたします。
漢方研究者の方々や諸研究機関及び、数多くの東洋医学に携わる方々の御薦めと御協力で本HPが完成しましたことを感謝しています。

      日本国 ・堺・
      片桐棲龍堂・十七世・片桐平智









先人達が生活の経験の知識を結集して作りあげた 伝統医学の総合的な知識は、
日常生活をつぶさに 独特の体系で見つめることによって、医薬学の専門、非専門
に関係なく 誰にでも 習得可能となります、そしてその 成果は種々の病に対応でき、
「生きがい」を第一にする健康で豊かな日常を約束してくれるであろうと思います。




  日本国指定登録文化財建造物  

   片桐棲龍堂漢方資料館

       
 医薬学に関する資料を展示しています。
 日本・漢方・仏教医学・チベット医学などを
 展示しています。
    
      写真や文字をクリックしてください
 

創業文禄2年 創業四百有余年
 
伝統漢方専門老舗 片桐棲龍堂薬舗  

 お薬に関する情報の入り口

       
 伝統薬・医薬品・健康食品などを紹介しています。
 牛黄やきのこなど、東大寺さまを紹介。

  写真や文字をクリックしてください
 
        片桐家
  
家伝漢方医薬学の代々の系譜 
    
片桐家の行事
  片桐家の歴史や行事をご覧になれます。

        
  天保年間 馬寅 筆  写真や文字をクリックしてください 
 
 堺市指定文化財 名勝第1号
   片桐棲龍堂庭園
  

       
   堺市指定文化財の庭を紹介しています。

堺文化財特別公開
 堺市が行ってます文化財の特別公開にあわせ、庭を
 公開しています。季節や歴史をご覧いただけます。

 片桐家の椿   片桐家の桜 薬用植物園
   写真や文字をクリックしてください
 
   本漢方博覧図絵の運用方法 
      写真や文字
をクリックしてください。色々な画面がご覧になることができ、
                                   深い内容を見る事ができます。


         普段非公開の片桐棲龍堂庭園のビデオをご覧いただけます
         
ここをクリックしてください

  

               クリックとはマウスの左ボタンを押すことです   

  片桐家の建物や庭は、西湊一帯が空襲にあわなかったため今に伝わっています。
  母屋は江戸時代後期に建てられました。
  建物は平成12年に国の登録有形文化財に登録されています。

  平成19年片桐家の庭の調査で茶の湯に関連する茶庭や露地と言われる庭と分かりました。
  平成22年片桐家の庭は堺市指定文化財名勝第1号に指定されました
  堺市に残る4つの文化財の庭で唯一お寺以外の貴重な民家の庭です。
  お寺の庭では縁側や座敷に座って鑑賞する庭です。
  しかし、こちらの庭では、茶室に向かう道すがらに歩いて楽しむ庭になっています。
  珍しい、貴重な花や植物もいっぱい植えられています

 

   価格改定のお知らせ

 新年初頭よりメーカーが諸事情により牛黄配合製剤や希少動物配合の漢方食品の大幅な値上げを通達してきました。
この為一度店に起こし下さい。余りにも多岐に当たりますのでお越しくださればご説明いたします。

価格改定
 2月1日から  吉祥蘇霊廣


            
 
 
3月1日から  廣東 牛黄清心元   

            

 
 3月1日から  
海馬補腎丸

            

       店にお問い合わせください。他にも価格改定されます。



薬は長期使い続けると薬剤耐性を起こしますので正しくご使用ください。添付説明書やお教えしました事をご確認ください。

廃業メーカーが相次いでいます。漢方業界は、今年は大きな変換期の時代に入ります。
ある程度備蓄できる商品もございますので、累代の顧客様も店頭まで、おみ足をお運びいただきたい。
資料も更新できていますので、ご自分の補遺として手に入れていただきたい。お待ちしております。

 
お願い
   お知らせしています南海バスの変更が相次ぎ、ご案内が現状にそぐわない状態になっています。
   南海バスは運行はされていますが、時刻や路線などは変更されています。
   南海バスまでお問合せください。よろしくお願いいたします。



 
      
令和六年の年頭にあたつて

 昨年は私が長きにわたり危惧した事が現実になり数社の生薬製造会社が廃業また
日本独自の数百年にわたり継承の伝統薬も人知れず消滅していきました。
その会社の独自の製品で残念な事です。復活はできません。

 当社が製薬メーカーであった事はほとんどの顧客様はご存じないですが、昭和51年の
第一時 GMP、医薬品製造実践基準の実施にともない、生薬の原料刻み加工専門業者の廃業、
各種家伝薬の廃業が続き、ほとんどの日本の家伝薬は消滅していきました。
医療用医薬品の海外への輸出のため国内の製造基準の高度標準化で WHO の勧告、
批准の受理で急務の件でした。

 今、振り返れば 人命にかかわる医薬品の特性から語れば、幾ら基準を厳しくしても妥当
なのですが、当時の生薬業界は、比較すると和菓子の製造と同じ状況で、生菓子の
練りきりを作るのに細菌感染予防で滅菌手袋と減圧室、完全滅菌空調を整備、
照明の高度化、保管場所の高度温度湿度管理、製造検食の保管指定、製造現場の細菌検査、
廃棄方法記録、廃棄数の確認、各責任者の任務記録保存など零細な和菓子商店に
出来ない事を要求適応するのと同様な時代でした。

 生薬製剤は長年の経験と知識で製造方法も各地方独自のものもあり、行政の基準でも
製造工程の助言指導の判断しかねるものもあります。
私も一昔前ですが、業態は相違しますが、大阪府の衛生部で監視業務を経験していますが
難しいものです。

 近年新たなGMP基準の設定や、旧い製造機械や製造方法の見直しなど、監視基準の更新や、
また監視員の新旧交代で現場監視手順の継承認識の戸惑いなどで、生薬原料製造会社から
医薬品製造会社まで多くの会社が、製造方法の近代化工程の透明標準化勧告助言指導、
製品の品質不安定勧告助言などで数社は廃業されました。

 話は変わりますが戦後は米軍のサームズ准将のお陰で救われました。
医療技術の西欧化で、敗戦後生薬製剤は全て廃止方向だったのですが、戦後の建林松鶴堂の
朝鮮戦争時の国連軍将兵の健康維持にGHQにたいする貢献で遺された分野で、同社には
後世に国民資産として日本民族の英知の賜物という書状までいただいておられます。
中国の方も尊敬されている製剤群なので、戦国時代の処方と効能効果が令和の時代にも
役立ち, 多くの方に福音をもたらし感謝されています。

 私自身も継承保存に関与していますし、歴代の行政の方々も多大な保存に助言指導を
いただき感謝しています。当家を幾度も訪問の中国の医薬専門団の方々も、かって
中国に存在して今は消滅した唐時代の生薬処方が日本に遺っているので何度も、
お褒めのお言葉賜りました。
行政当局の温かいお言葉と助言指導で次世代へとの継承を期待しています。
行政とも寄り添って、日本伝統遺産ですので、次世代へ継承したく,, 今年は皆様にも御
助けいただく年となります。

関東地方の代理店の旧い薬舗の廃業は、後継者不足でなく製薬会社の廃業で、その
専門代理権商品しか扱かっておられないので商品が納入不能の事態になられ廃業され
ました。小売業まで危機が波及してきています。

 昨年は顧客様や知己の有識者の御心配でTV放送やMEETS 雑誌に紹介され有り難く
感謝しています。時々御来店賜り、現状認識と知識更新をしてください。
小生も齢が重ねました、末長く家族ともども宜しくお願いいたします。

新年号のMEETSは関西地方限定で、お近くの書店やセブンイレブンで発売されていますので
当店の近況拝読ください。

追記 
 今年の肝要は 「補腎」・「活血」・「解毒」の知識の汎用が健康寿命の延伸の基盤と
確信しています 。
「補腎」の語句は将来に「広辞苑」に収載される文言と予測しています。
「解毒」は特に中国の歴代皇帝が気にかけられ北宋の徽宗皇帝が紫禁城の歴代の
数百年にわたり貯蔵の毒薬倉庫を数ヶ月掛けて燃やした史実もあり、日常食の解毒の知識は
書物に遺在しています。

 体内蓄積の解毒が大切で、大阪万博の1970年代に有吉佐和子の複合汚染の論雑誌の時代に
現在は遡り、多くの食品添加物や養殖の餌の不明な原料、水質汚損など解毒食品の適宜服食が
肝要の時代になりました。

 新しい漢方が生まれ、また滅びゆく漢方もあり、新しい知識が必要になっています。
 ご自身の知識の更新に、ぜひお越しください。お待ちしております。

                            片桐棲龍堂
                                片桐平智

    令和六年新春




 
       日本の伝統漢方

  
~漢方の知識を取得し人生を謳歌しましょう~

                     片桐棲龍堂 十七世 片桐 平智


 わざわざ当店のホームページをご覧いただき厚く御礼を申し上げます。
古くからの累代の顧客様は当店のことはご存知ですが、近年ご紹介の顧客様が
遠方からお越しになり、また海外からの顧客様も有難いことに増加しつつあります。

色々な資料もその都度お渡ししていますが、骨子的な要点をまとめましたので御笑覧いただき、
堺の歴史的な流れと当店の歩みに御目をとめていただき、漢方の考えも心の奥底に
お留めいただければと思っています。

近年は海外(イタリア・ドイツ・中国・ベトナム)より高名な美術館長博物館長、
はたまた医療関係者高官の方々の表敬訪問を堺の雛の小さな店舗に御受けして
身の引き締まる思いであります。
どうか日本伝統医学を次世代に伝搬していただければ嬉しく思います。

装いを新たに店舗販売業へと業態変更しましたが、取り扱い品目などは従前どおりですので
一度店舗に御来店賜り、近々の漢方の知識、進捗状況を御理解賜り一層のお引き立てのほど
宜しくお願い申し上げます。


  堺の名医と当家の歴史について

 堺は古来より諸外国と交易が古く、 薬種が容易に入手でき、医学の始まりも堺や和泉地方を
中心に展開したといっても過言ではないと思います。
応仁・文明の乱 (西暦 1466年~1477年)で荒廃した京都から一時期堺に文化が移転し、
最新の中国医学も堺から伝播されました。

名医としては半井(なからい)家と竹田薬師院家があります。
半井家においては明の時代武宗皇帝が病に倒れた折に三国の名医を探したが見当たらず
初代半井明親が渡海して治癒し、御礼に驢馬を頂き、驢庵と名を号しました。
この時点で日本の漢方が中国を陵駕していたのです。

また、半井家が過去に所有し、一千余年以前の平安時代に丹波康頼が撰述した本邦最古の
医書「医心方」も堺に天文二十三年(西暦1554年)正親町(おおぎまち)天皇より
半井家に御下賜され、その後皇家から保管を累代に亘り委ねられていたのですが
半井家の方々も堺大空襲からも守られ、 重責に感じられ近年、朋友のオリエント出版の野瀬真様や
古書店の大阪の中尾書店、東大前の井上書店の店主の方々の奉仕で国が買い上げて 「国宝」
指定となり、現在千葉県佐倉市の国立歴史民族博物館に収納されています。

はるか中国や朝鮮の今は散逸した医学文献が所々に窺われ人類の宝とされています。
半井家の処方も堺発信で、救心製薬㈱から日本独自の健脳生薬製剤として出されています。

また、ご存じないかと思いますが、近年この医学歴史や疾病の歴史で専門の三木栄医師の
ことも少し触れておきます。朝鮮総督府の医師で在官中に膨大な朝鮮王朝や中国の医学歴史の
研究に没頭し、名著朝鮮医書誌を昭和二十六年に文部省の援助で刊行され、研究者の必読書と
なっていますし帰国後膨大な医学古書を収集研究されました。没後、医心方の異本の「瑠璃壺」は
散逸を恐れ井上書店より当方が惜譲されて書架に収まっており、京都半井家主催の護王神社の
医学展覧会に出品したこともあります。


   
最近の漢方の話題と知識について

漢方の最近の話題と知識を簡単に述べさせていただきます。
強い匂いや服用しにくい薬剤の形状などの古いイメージは一部を残して殆ど払拭されています。
有り難いことに当家の経験知識で上市された薬物が可也ありますので説明します。
日本の製薬メーカーではまず牛黄(ごおう)の純末です。
牛の胆石で豪州産が高品質、解熱・鎮驚(ちんきょう =不安を解消)・鎮痙(ちんけい=けいれんを抑える)の
効能があり松浦漢方及び東京大学のご協力で製造許可を取得しました。

牛黄はインドの「最勝経」にも記載の薬物で、疲労の烈しい時や過去に胸部疾患に罹患した方の
養生や酒毒の解法、介護の果てしなき精神疲労の支えや末期の肉体的及び心理的な苦痛の
寛解(かんかい=病気の症状や異常がなくなる)に使用されますが、数年前、薬事法の改正で
合法的な販売製造の中止が懸念された折、当家と東大寺修二会と牛黄の関係や皇家の風習、
また日本各地の仏教や神社での宗教行事での国家的な牛黄の合法的で安全な品質を用いた
諸行事の続行困難性を説明し、行政監督諸官庁のご協力で継続できることとなりました。

松浦漢方 (株) も特許権利を放棄、製薬会社も追加承認申請に踏みきられ、日本の数百箇所の
神仏の行事が永劫に続行可能となりました。数代続く古くからの顧客様は医学用途以外に
昔からの風習として、来迎の所作として本品を購入される方もございます。受注生産品となっています。

次に伊吹陀羅尼助丸です。本品は奈良の吉野山系の修験者が好む薬品で、 黄檗(おうばく)が
主成分の胃腸薬で地方では百草(ひゃくそう)、練り熊(ねりくま)などとも称されています。
当麻寺でも製造されています。

今後日本が批准するであろう新しい医薬品の基準により、製造困難な局面が予想されるので
廃業するメーカーより委譲をお受けして滋賀県の薬事指導所のご協力のもと甲賀の昭和化学様に
製造委託して近代設備で製造している商品です。薬局薬店で販売する伝統薬の創薬は不可欠なの
ですが一般には誰も目を向けていただけません。すべてボランティアです。

 後者の
竹田薬師院家についてですが、 初代昌慶も渡明し経絡の銅人形や漢方の指南書「医方集成」
を伝え、足利義満に仕え、子孫は本邦最初の梅毒について記載された 「月海録 」を著し、堺に永住して
子孫代々、岸和田藩や和泉の伯太藩の御典医師を務めました。

 また、堺の大安寺にも薬種の交易所があり、当時の人参益元丹の看板も当家に保存されています。
大永八年(西暦1528年)には阿佐井野宗瑞が明の熊宗立の「新編名方類書大全」二十四巻十冊を
翻刻し、堺市博物館に収蔵されています。
この様に医学や薬種の知識や現物が海運交易を通じて存在し京都に近い為、朝廷の庇護の下、
堺が医学の中心となりました。

私どもは朝鮮の文禄の役(西暦1592年~1598年)で秀吉公より湊の土地を賜り、その前の治地の播磨の
妻鹿や鞆津を離れました島津氏長の末裔の目賀もしくは妻鹿孫三郎が子孫で、薩摩妻鹿の一族で
大徳寺の前身の大徳庵を寄贈した赤松円心の家来でしたので、大徳寺の守護神の「白澤(はくたく)」
が当家の守護神となっています。

この時代は軍陣医学で戦傷や城郭の薬の管理などをしていたようです。 水軍を持っており朝鮮出兵の際に
秀吉公より櫓の音が揃って見事なので音揃(おんぞろ)という名前を頂戴した時期もありました。
堺の湊に住居を構えてからは戦傷も腹部の傷も同じということから産婦人科専門になり明治まで諸藩の
御典医を勤めました。

江戸最後時期、先祖が落命した時、江戸より幕府の医監の山田図南が来られ先祖に羽織を脱いで与えられ
当家の累代役目の感謝をされたと言い伝えられていますので何か特命を負っていたようです。
屋敷も昔は三重の雨戸でした。
歴史は別添の資料を参考にして下さい。
また、ホームページをご覧頂きますれば当家をよりご理解頂けると思います。
是非、アクセスして下さい。
   ホームページアドレス   http://www.katagiriseiryudo.com/


健康食品としては二十数年前にチベット、中国の青海省より冬中夏草を東北の貝津先生と
日本に紹介しました。当時は青海の地域は 困窮な地域で本品を外銷商品として販売して
経済的に多大な貢献になりました。 現在は青海冬夏泉と紅雪冬夏の二種が当店扱いで、
天然の冬虫夏草が使用されていますが、西蔵の方々の恩返しで大変安価に供給されています。
これも直接ご来店のお客様の特典だと思います。市場は培養の冬虫夏草が当然です。
紅雪は小生が考案、高山の登山者や潜水の方々に”飲む酸素”の異名で愛顧されています。
七十代の観光団体がペルーの高地で使用、酸素不足の影響なく感謝されました。

中国からの医薬品ですが、当家の資料で有名になったのは血液サラサラの語源となった「冠元顆粒」 です。
生薬製剤二号方の処方名で現在は認知症状の予防に補腎薬との併用は中国医学研鑽者の常識となりました。
許可取得申請時に丹参という生薬の使用例を提出すれば許可を下ろすという提案が行政監督庁から
申し渡されたのですが、わが国において当家の資料館の古代文献しか収載がなく、それを提出して許可が
取得され、二十数年を経て数社がここ近年やっと製造許可を得た商品で、当家の資料館が中国で高い評価を
得て、中国から感謝状を頂きました。

また、救心製薬 (株)から「救心感應丸氣」 という、現在輸入が禁止されている貴重な麝香を使った
商品があります。商品開発 ・ パッケージへのアドバイス等を行ない、いにしえより受け継がれている
生薬の妙味である動物生薬の効き目を活かしたものとなっています。ストレスの時代といわれる今
あらためて必要な薬です。

生薬製剤の「救心」も百年ぶりに先端技術で錠剤化に成功し、責任世代の方々の根本的な労働環境に
対応する気付けの御薬として新たな使命を有する恒久家庭薬としてリニューアル上市されました。
伝統薬の新たな社会要望の開発に関与して、勤労者人生の「年齢の節目」に全般をカバーできる商品が
救心製薬に整いつつあり、新たな大衆薬の光明となっています。

他に飲む点滴の異名の生脈散、白隠禅師(びゃくいんぜんじ)の知柏地黄丸(ちばくじおうがん)
良寛和尚使用の温胆湯など各種古典薬の輸入薬の資料貢献をしました。
かつて江戸時代に当家で使用していた薬剤なので、いつも日本的な使用方法をお教えしています。
また、これまで東大寺様に献上しておりました松浦漢方の牛黄純末も、本年より薬師寺様の
花会式(はなえしき) への献上の栄誉を賜りました。

薬事法の変化、販売方法等の承認の趨勢の変化による店舗の存続及び継承に対して皆様のご加護で
守って参りましたが、ここ数年の製薬メーカー 薬局の存亡が危ぶまれるなか、尚一層のご協力を
お願い申し上げます。

                                   店主謹白




 

    「漢方の臨床」誌のご紹介

近年漢方業界に対して、行政当局が時代の流れにより、新たに生薬を起源とする製薬会社に対して原料の監視から
生産の管理まで様々な分野に対して、新しい近代的な要求が始まり、対応できないメーカーが、廃業や許可薬品の品目削減が
続いています。

日本の漢方がどんな道を通って来たのかに興味を持たれて、堺におとずれる方が増えてきています。
堺は、茶と医療が主な町です。
「医書大全」(中国・明時代 熊宗立の医書)が堺の豪商、阿佐井野 宗瑞(あさいの そうずい)により堺で板刻出版され、
医師として有名な 半井家(なからい け)などの墓所も堺に残っています。
堺における医学の位置づけをご確認頂きたい。


今回、「漢方の臨床」で堺を企画していただいてありがたいと思っています。皆さんと一緒に祖先が残していただいた、日本民族の伝統医薬の灯を、
微力ですが守っていきたいと思っています。

               


元々製薬メーカーのため、製薬資料も沢山残っています。国際的にも評価が高くなってきています。
今一度、日本の伝統産業としての漢方薬・和漢薬に暖かい目を向けて頂きたい。官民あげて日本の伝統医薬産業を
残そうではありませんか。皆様のご協力を頂きたく、伏してお願い申し上げます。
医薬関係に興味をお持ちの方は「漢方の臨床」東亜医学協会迄直接申し込んで頂きたい。

「漢方の臨床」は戦後すぐに刊行された漢方専門家むけの臨床雑誌です。錚々たる面々が執筆されていて、いろいろな
面白い記事も載っています。日本の黎明期の軌跡をたどることのできる貴重な雑誌です。
会員になることも、単独で本を買うことも出来ます。

当家の記事を書いていただいた、小曾戸 洋 先生はテレビの「なんでも鑑定団」の漢方の鑑定員をされている先生です。
この本に当家が採り上げられたことを光栄と思っています。

これを機会に日本漢方の灯が、細々と残っています間に、官民挙げてのご協力で世界に誇る伝統漢方・倭漢方の保存継承を
お願いいたします。

高齢化社会のご自分の健康寿命を延伸するため、この知識を活かして頂きたい。
過去には天皇家、皇族、大名、高僧など為政者が有効に使用していました。
日本独特の縄文民族の遺伝子に有効的に効くと確信しています。
ご理解、ご活用賜ればありがたいと思っています。

この機会にぜひ「漢方の臨床」をご購入、ご閲読を賜りたい。
日本の漢方の臨床の専門書はこれしか残っていません。
漢方の出版書の継続にもご協力をお願いいたします。


価格は1冊1000円です。会員にもなれます。

年会費10、000円(海外会員12、000円) 一部1、000円
編集局 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-12-7 MSビル
電話03-3264-8410 FAX03-3265-5995


      
漢方の臨床の記事は下の本をクリックすると見ることが出来ます

             





 

    大型商品 【星火 活絡丹】 新発売について


  鍼灸や推拿(すいな)の到達しない深部の経絡(けいらく)の流れにより添う
  中国皇室専用、 高貴動物、植物、 香物配合食品

      

     

深部経絡の流れに寄り添う中国皇帝専用食品の再現「蘄蛇(きだ)・全蝎(ぜんかつ)」
配合食品が蘄蛇・全蝎配合食品開発プロジェクトチームの研究者の方々の
十年以上の試行錯誤と研究の成果として上市されました。
当家関与の「冠元顆粒」は血液循環に関する医薬品で「活絡丹」は経絡に関する
日本始めての健康食品で、予測ですが今後は経絡に関する食品があまた、この分野に
追随して登場する事でしょう。

 


大型商品なので普及には時間が懸かることは覚悟しています。
いち早く先鞭の道を開き、関与できた事に誇りを感じます。
累代顧客様は自己学習資料として御手元保存のチャイナビュー雑誌や膨大な既配布資料の
臓腑理論、気血津液理論を参考にされ、また本年教示予定の各種媒体の経絡理論も掌中
に収められて、高額ですが日本人には未知の貴重な動物、植物、香薬配合の「活絡丹」を
活用、健康生活を享受してください。
ワシントン条約で消えた商品の代替の物が研究陣のおかげで提供でき感慨が一入です。



多くの中医師の先生方や唯一の天才的な食品開発者協力の存在も忘れてはなりません。
数多くの艶麗丹,睛明丹,各種単味の未知の食品開発など専門知識で困難な加工方法も
独自確立、日本や中国の医学書のほとんどを読破、当資料館の膨大な図書群の知識も
頭に系統的に暗記され、漢文にも長けておられるので私より遥に年下ですが、
尊敬しています。イスクラの亡き石川会長様より託された逸材で本当に伯楽と名馬の
ような関係で天に感謝しています。

イスクラは優れた中医師や秘書群、配送センターの職員に至るまでお行儀がよく
感謝しています。革新的中庸医学理論も、やっと漢字がカタカナから平かなに変化、
日本に定着した様に日本人に正確に把握され生活に必携の医薬学知識として定着しました。
本商品も数年後には経絡食品として新たな分野の基盤と予測しています。

今回も「活絡丹」の包装意匠も少し関与しました 今年は龍歳ですが正面には当家の登録商標と
重複しますが中国皇帝の象徴の五爪の龍を配し、健康長寿を意図して四隅には四神、
青龍、朱雀、玄武、白虎を、側面には神鳥の鸞(らん)を配し満全としました。
基調色彩の金、赤、紫の意味も理解され、本商品に対する販売者、研究者の自信と
熱意をご理解いただき、御活用ください。

テーマカラーは、朱色 (朱砂・ 辰砂の色)を基調としており、古代より生命の色、高貴な
色として貴ばれたものになっております。
また、ポイントカラーとして紫を使用しました。
この紫は古代の紫(もっとも高貴な紫とされた貝紫) で最も高貴な色。

  


    
活絡丹
鍼灸や推拿(すいな)の到達しない深部の経絡(けいらく)の流れにより添う
中国皇室専用、 高貴動物、植物、 香物配合食品

   
         経絡人形  複製品

    

    

    

  


   

   
   






  

    雑誌 Meets で当店が紹介されました

      12月1日より、コンビニなどで販売されています  ぜひご覧ください


  
Meets Regional
        2024年1月号 第35巻 通巻425巻
        発行元 株式会社 京阪神エルマガジン社

  2024年1月号 神戸でしたいこと

    当店が俳優 窪塚洋介さんの 「窪塚洋介の撮休」で紹介されています。
    日常生活(土台)の堺老舗漢方専門薬舗として紹介されています。
    詳しく当店の内容を紹介していますので、ご照覧ください。
    古いお客様も懐かしく思っていただけます。


     
   よろしくお願いいたします

     

 
          営業日のお知らせ


     
営業時間 午前10時~12時 / 午後2時~6時

   
定休日 日曜・祝祭日 第1・第3土曜日



Googleで土曜日休業になっていますが第1、第3土曜日以外は営業しています

ご迷惑をおかけしますが、ご容赦ください。
お友達やお知り合いの方にもお知らせください。
よろしくお願いいたします。


 
  お知らせ
 
  NHK BSプレミアム・BS4K 新日本風土記 で、片桐棲龍堂が紹介されました

 
    
      NHK BSプレミアム 提供

 
  NHK BSプレミアム・BS4K 新日本風土記 オオカミとカワウソ で
  当家片桐棲龍堂がカワウソの薬の説明で紹介されました。

   
本放送 2023/9/19(火) 21:00~21:59

   再放送 2023/9/24(日) 06:00~06:59
        2023/9/29(金) 08:00~08:59


 
 こちらをクリックしてご覧ください
      新日本風土記 オオカミとカワウソ   




      豪州産 牛黄のお知らせ    
                                           

 
  
豪州産 牛黄純末 1グラム包装を新発売いたします。 


松浦薬業株式会社 代表取締役社長 松永 祥吾 様が御来店され

1グラム包装牛黄純末を2003年8月中旬より、ご提供いただく事となりました。

累代の顧客様には、ご心配をお掛け致しましたが、安定供給の目途が立ちました。

しかし、数量に制限がありますので、必ずご予約をお願いいたします。

店頭には常時在庫がございません。よろしくお願いいたします

価格等はお問合せ下さい

              牛 黄 の ページ      こちらをクリックしてご覧ください     


              牛黄に不思議なことが起こりました(川鵜が飛来しました)
                                       こちらをクリックしてご覧ください     



 
 

     片桐棲龍堂からのお知らせは 
      
            片桐棲龍堂薬舗 のページに御座います 
 
   
                         こちらをクリックしてご覧ください     

お知らせ内容
  令和五年は健康寿命と資産寿命の維持が課題! 2023年

  累代の顧客様にお願い申し上げます2023年

  革新的傳統中庸医学の時代が到来2021年1月

  補肺と清肺
    補肺(肺の機能を高める事)と清肺(肺の熱をさまし清涼とする)にご注意ください
  
  時局がら、来るべき秋冬に備え衛気(えき)、補腎(ほじん)、補肺(ほはい)にご留意下さい (2020年12月)

  本年冒頭にお話をした事が現実になりました (2020年12月)

  漢方は新しく変貌しています(2020年12月)




       
 

   片桐棲龍堂の庭園

        2023年7月の庭    鬼瓦、破邪顕正の瓦

     
こちらをクリックしてご覧ください     


 

                        幸せのベンチ


    南海電鉄 南海線(本線)堺駅に片桐棲龍堂のご案内ベンチがあります
   
   このベンチは南海電鉄のご協力で50年に渡り置かれています。
   遠方から来られた方にも、懐かしく、ほっと幸せな気持ちになると言われています。

    
    小林清親(こばやし きよちか) の 浪波餘聞  が描かれています

    秀吉のお伽衆(おとぎしゅう)曽呂利新左衛門が豊臣秀吉公 をはじめ、
    千利休 細川幽斎 などを笑わせています

    ベンチに幸せを頂いて下さい

  

  

  

  
   


 
2020年12月に書いています

新しい年を迎えるにあたり新看板を駐車場に設置いたしました

来る年が疫病に苛
まわれない様に、祈念を込めて過去に苦しんだ江戸時代の歌川国芳筆の疱瘡にちなむ錦絵を意匠としました。
御来店の際は御鑑賞してください。牛黄の神文誓紙も描かれています




             続きはこちらへ      



 
  来訪者
    
       片桐棲龍堂 漢方資料館への訪問者を紹介しています。

    世界でも高名な 「世界中医薬連合会」創会副主席・事務局長・
             李振吉教授が当家を表敬訪問


          

                                    クリックしてください

          他の来訪者はここをクリックしてください


 
 おくすり

片桐棲龍堂漢方資料館の資料で開発及び許認可となった医薬品健康食品

    医薬品
   健康食品

     
伝統漢方薬
    伝統の蔵出し処方薬
 
  
              

写真や文字をクリックしてください
 牛黄 

牛黄純末の一般用医薬品としての
許可取得

後世に牛黄を医薬品としてすことができました
  

  牛黄のページ

写真や文字をクリックしてください
  日本の伝統漢方

          


      日本の伝統漢方

      堺の名医と当家の歴史

      最近の漢方の話題と知識

写真や文字をクリックしてください
 
 
収蔵医薬学史資料 
 

 チベット医学の扉 貴重なタンカをご覧ください
    
多くのタンカを掲載しています。タンカにはお釈迦様の
誕生からの仏教が絵に描かれています。
中には砂漠に埋もれていたものもあり、本物の300年
以前の貴重なタンカをご覧ください。

チベットの天珠も西蔵の医学書の「四部医典」に薬として
掲載されています。チベットの医学は進んでいて、
薬石(鉱石)の浄化方法は、今でも分からないのです。
チベットのクスリは、現在では禁止されていたり、
持ち出しができなくなっている物もあり、今となっては
貴重な資料です。

  
 
シルクロード・秦・始皇帝 
 堺と茶道
 正月の屠蘇のご紹介


写真や文字をクリックしてください
 

 
 藤井玉洲親子の
 「禽譜」及び 「本草図」


  
 

百年前に作られた粉本
実際の羽毛を貼ったものもあり、
貴重な絵です。


写真や文字をクリックしてください

 案内図




片桐棲龍堂への道順を
   ご覧ください


写真や文字をクリックしてください
  

 写真や文字をクリックしてください。ご覧になることができます。
クリックとはマウスの左ボタンを押すことです

片桐棲龍堂案内図
       案内図はここをクリックしてください


      黄色の文字をクリックすると、各項目が御覧になれます

クリックとはマウスの左ボタンを押すことです



更 新
          2024年2月8日 

  日本の伝統漢方
  
  価格改定のお知らせ


  新しい防災道路が出来ました
    車で来られる場合、便利になりました。

    片桐棲龍堂 案内図

    新しい防災道路が出来ました


             文字をクリックしてください

文字をクリックして下さい

クリックとはマウスの左ボタンを押すことです


写真をクリックして下さい。


 LINK     内藤記念 くすり博物館            
http://www.eisai.co.jp/museum/index.html

  松原眼科クリニック   神戸市東灘区住吉宮町
http://www.matsubaraganka.com/index.html


  日本国指定登録文化財建造物  

   片桐棲龍堂漢方資料館

       
 医薬学に関する資料を展示しています。
 日本・漢方・仏教医学・チベット医学などを
 展示しています。
    
      写真や文字をクリックしてください
 

創業文禄2年 創業四百有余年
 
伝統漢方専門老舗 片桐棲龍堂薬舗  

 お薬に関する情報の入り口

       
 伝統薬・医薬品・健康食品などを紹介しています。
 牛黄やきのこなど、東大寺さんを紹介。

  写真や文字をクリックしてください
 
        片桐家
  
家伝漢方医薬学の代々の系譜 
    
片桐家の行事
  片桐家の歴史や行事をご覧になれます。

        
  天保年間 馬寅 筆  写真や文字をクリックしてください 
 
 堺市指定文化財 名勝第1号
   片桐棲龍堂庭園
  

       
   堺市指定文化財の庭を紹介しています。

堺文化財特別公開
 堺市が行ってます文化財の特別公開にあわせ、庭を
 公開しています。季節や歴史をご覧いただけます。

 片桐家の椿   片桐家の桜 薬用植物園
   写真や文字をクリックしてください


製作・著作:片桐棲龍堂
無断転載はお断りいたします。

本HPの管理及び監修は Pc-office が担当しております。S